婚活する際に忘れてほしくない心構え

婚活する際に忘れてほしくない心構え

私は28歳から30歳までの2年間ものすごく熱心に婚活をしていました。それ以前もお見合いなどをしたことがあったのですが本気で結婚したいと思っていなかったのでお見合いしつつも心ここにあらずという感じでした。しかし30歳手前になると周りの友達があれよあれよという間に結婚や出産をしていき自分の中で激しい焦りが出てきました。

そういうこともあり28歳から自ら積極的に親戚や知人に相手を紹介してもらったり結婚相談所に登録したりしはじめました。短期間にかなりの男性と顔合わせをしたのですがどうしても合わないなと感じる人もいたり向こうのほうからお断りされたりして2年間という月日を費やした婚活も結局実を結ぶことはありませんでした。

しかし婚活で色々な男性と接してみて私なりに気がついたこともあり経験としてはプラスになったのではないかと思っています。例えば婚活という前提からして私もそして相手も当然「結婚」というものを意識しているわけですが中には昔の私のように「心ここにあらず」という雰囲気で接してくる男性も意外と多かったということです。

察するに本人としてはあまり結婚に興味がないけど周囲からせっつかれたから仕方なく婚活しているという感じなのだろうと会話のはしばしで感じました。私も昔似たような心境でお見合いをしていたので気持ちとしてはわかる部分もあるのですがいざ立場を逆にして考えると真剣に婚活している人に対してこれは失礼なことなのではないだろうかと気がつきました。

あまり最初から重たいのも困るかもしれませんが「結婚したくないのに婚活している」という感じで婚活されてももっと困ります。だったらなぜこの場にいるのかなぜ私と会っているのかという虚しさがどうしても出てきてしまいます。なのでこれから婚活する人に私個人のアドバイスとしては「結婚を真剣に望んでいる」という当たり前の前提を忘れないで活動してほしいということです。

↑ PAGE TOP