婚活を始めてみるOLブログ

最新記事

今話題のコンブチャクレンズとは

時間がなくて困っていた時に

よくある話で、まじめに仕事をしているとお金ばかりたまって婚活にかける時間なんてない。私の場合もそんな感じでした。工場勤務をしていた私はシフト勤務で夜も昼も働く毎日で、仕事から帰ってくれば研修の資料などや打ち合わせの資料などを作成し、寝る間も惜しんで次の日のシフトに入っていく。

だから婚活にかける時間なんて殆どなかったんです。だから結婚相談所に相談をしました。結果的に言って婚活は失敗しましたね。婚活にかけた時間はそう多くはありませんでした。相談所に連絡してから相手の方とお会いするまではそんなに時間は掛りませんでしたよ。

出会ってから何回かデートしたのですが、そういう時に限って仕事の電話が入ったりするんです。なにか人が幸せそうな行動をしているとみんなに羨ましく思うのでしょうか。そんな話も最近の話題ではよく聞きますよね。男性でいえばパワハラ、女性でいえばマタハラとか。

実際今も婚活はしていますね。結婚相談所の方からも何回か連絡があって紹介も受けていますし。実際そういう結婚相談所を利用すると紹介を受けるたびに利用料金を支払わなければいけないのですが、もう半ば年齢が上ですのであきらめ半分楽しみ半分で過ごしています。

最近まで勤めていた会社は不況のせいからか会社が身売りをしてしまい、私は早期依願退職制度を利用して退職しました。母がもう年のせいもあり、今後の婚活がうまくいくかは分かりません。もう母の面倒をみるのに精一杯ですから。

地元の交流会は安心できる婚活場所

華やかな都会で開催される婚活イベントよりも、私は地元で行われるこじんまりとした交流会の方が好きです。その理由としては、まず第一に共通の知り合いがいるかもしれないということです。

見ず知らずの人達と知り合うことになる婚活イベントでは、異性とはお互いに少しでも共通点があったほうが安心できるものです。そんなわけで、ごく限られた世界の中で行われる婚活イベントは安心できます。次に、その持論を携えながら実際に地元の婚活イベントに参加してきたときのことです。

あれは1年半前のことですが、たまたま通りがかったスーパーマーケットの壁にとあるポスターが貼ってありました。それは、地元の婚活イベントの開催日時などが記されたものです。参加人数は20人までと、地元としても小規模であるという印象を受けました。

思い切って参加しようと思った際に、私は運営事務局に問い合わせをすることになります。何故かといえば、私と共通の知り合いがいそうな参加者が存在するかどうかのリサーチのためです。その結果として、私の期待通りの返答がありましたので、地元の婚活イベントで運命の異性を見つけることを決断したのです。

婚活イベント当日、所定の場所には見知らぬ異性が大勢いらっしゃいました。しかし、その一人一人に話しかけてみると、事前リサーチの通り共通の知り合いがちらほらといる異性が数人いたのです。それで安心して婚活を頑張ってみると、カップル成立となりました。

↑ PAGE TOP